WEBをWi-Fiを用いて使用する場合には、暗号化の設定を理解して、自分でネットワークを管理する必要があります

Wi-Fi接続でWEBを使う

Wi-Fiを使ってWEBを利用する注意点

Wi-Fi接続でWEBを使う 最近では、大人も子供もインターネットを利用するようになりました。インターネットを利用する際には、注意しなければならない点が多くあります。最近で最も注意しなければいけないのは、セキュリティです。無意識のうちに、インターネットを使われたり、トラブルに巻き込まれたりすることが多いです。その多くの原因は、携帯ゲーム機の普及によります。多くの携帯ゲーム機の通信方式は、ゲーム機同士の接続の他に、Wi-Fiを用いてWEBを介した接続機能を有しています。このため多くの家庭に無線LANのアクセスポイントが広まりました。この無線LANの管理不足が、セキュリティーを甘くしています。多くの無線LANには暗号化機能がついています。もしこれがなければ、誰でも制限なしに接続することができてしまいます。仮に接続されてしまうと、そのアクセスポイントに接続しているすべての端末へのアクセスが可能となり、情報漏洩などの危険があります。更に、この場合、暗号化のなされていないネットワークへの侵入は違法ではないため、犯人を追求することもできません。

このような危険から身を守るためには、Wi-Fiの仕組みをある程度理解し、ネットワークを管理することが必要です。多くのアクセスポイントは、設定をWEBブラウザ上で行えるようになっています。各アクセスポイント本体の側面や説明書には、そのためのアドレスが「192.168.○○」などの形で表記されています。一度自分で設定をし、安心してWi-Fiを使いましょう。

注目のキーワード

Copyright (C)2019Wi-Fi接続でWEBを使う.All rights reserved.